ejo090の日記

みなさんの数分を無駄にするように毎日がんばります。コメントあると中の人めっちゃ喜びます。

Twitterをやめたことについての記事はここです。よしなに。

16Personalitiesのアレをやった、みんなもやろう。

おひさしぶりです。何個かブログを書いてストックしておいて適宜放流したほうがよさそうだなと思いつつも全くできていませんね。
イヤホンの記事とかを適当に書いてストックしておかないといけませんね…。
もちろんNuAns NEO [Reloaded]のもそうなんですが。

さて、今日はイヤホンについての記事でもなんでもなくて 16 Personalities についての記事です(原語版はこちらの 16 Personalities )。
書くことが思いつかなかったというのもそうなんですが、記録に残しておくといいかなと思ったので書いておきます。
16Personalitiesについてです。
数年前にTwitterとかで割と流行ったりしてましたね。ちょっと前にもMastodonでも流行ったりして、割とそのことについてワイワイとなりました。

そのときのはこれです。

さて、そもそも16 Personalitiesってなんぞやというところなんですが そうすると私たちの理論というページが見付かって色々書いてあります。
私は心理学に精通しているわけではないので色々省いていくと

ユングのパーソナリティタイプ論を根っことしたMBTI(Myers-Briggs Type Indicator)を使いつつパーソナリティの主要五因子に則ってリバランスしたもの」

みたいな感じのようです。(あまりにも内容を省いているので正しいものを知りたい人は中を読んでね)
わたしは全部わかりません。かろうじてユングは知ってるくらいです。
ちなみに、16 Personalitiesが作ったこの性格診断はNERIS Type Explorerというようです。(どこもこれについて言及していないんですね…。)

まぁそれはいいとしてお前の診断結果を早く教えろというところだとは思いますが、2ヶ月ほど前にやったときは上記のMastodon埋め込みの通りで、INFP-Tでした。

今回ブログ記事を書くためにもう一度やってみた結果がこちらです。
f:id:ejo090:20171119035238p:plain
INFP-Tなので、前やったのと同じでした。それはそうという感じですね。

細かくみると

  • 内向型において86% -> 100%
  • 直感型において52% -> 53%
  • 道理型において65% -> 57%
  • 探索型において84% -> 77%
  • 慎重型において63% -> 80%

と多少の増減は見られるものの大体同じものなんですね。
割と気分で変わるものなのではとも思いますが、設問の多さはそのへんのブレをカバーしたりしてそうですね。正確には知りません(上に言ったすべてを読めという話)。
できる限り正しく回答を心がけたつもりではありますが、設問の多さに飽きてしまうのでもしかしたら適当に入力しているかもしれません。それでも複数回に渡って同様の結果がでたので正しく診断はできていると考えてもよいでしょう。(もっとやって確かめる気力はない)
加えてこういう性格診断系のはバーナム効果もあるだろうなと穿った思いを抱えながら他の診断結果を読むと、違和感のある項なども存在するため全くのウソっぱちとも言えなさそうです。
そもそも、こういう診断をするときは意識的無意識的に自分がこうありたいもしくはこう見られたいなどの思考が邪魔することなどが多い気がするので、なるべくそのような思考をしないようにがんばって回答するようにしました。

さて、前置きが長くなりましたが、診断結果を見ながら自分はこれだこれじゃないと思索する時間です。
INFP-T型の診断(?)を受けるとこのページに飛ばされます。
ここをみると、このタイプの特徴などが書かれていますが、どういうものなのか分かりにくいので調べていると先程の16 Personalitiesの"私たちの理論"のページに端的に表現したものを見つけました。

下まで読んでいくと、"5つの性格的側面"というところがあります。
私の場合、内向型で直感型で道理型で探索型で慎重型です。それらをここに羅列していくと、

内向型の人は、単独行動を好み、話す前に考え、他人と関わると疲労困憊します。
直感型の人は、想像力が豊かで直感を頼り、考えに没頭し、今後起こり得る出来事に注目します。
道理型の人は、繊細で気持ちに従い、調和と協力を重んじます。
探索型の人は、即興に非常に長けていて、選択肢を残しておくことを好み、リラックスしながら働き、自由を求めます。
慎重型の人は、自意識が強く、人目を気にし、成功願望が強く、完璧主義者です。

このようになります。 まぁ言われてみるとそうだなと思うところはあります。
そして分類グループですがIFNP-Tなので、

外交官(直感的道理型[ NF ]、自己主張型または慎重型の変種あり)
共感と協力を重んじ、交渉やカウンセリングの分野で力を発揮します。協調性があり想像力が豊かで、職場や社交の場において調整役になることが多いです。暖かい心の持ち主で、他人の気持ちを理解し、周囲に影響を与える反面、一切感情を介さずに合理的に物事を運ばなければならない場合や困難な意思決定を迫られた際に、この気質が障害にもなります。

外交官グループになりますね。わからんでもないですね。

最後に分類グループです。

飽くなき向上者(内向的慎重型[ I___-T ])
物静かで個人主義者です。完璧主義で成功願望が強く、可能な限り最高の結果を確実に得るために、多大な時間と労力を費やすことがよくあります。その名が示す通り、専門分野に打ち込み成功を収めていますが、出来栄えを気にしすぎる一面もあります。

これになりますね。これが正しいかというと、100%正しいとも言いきれないけど大体あってるといった感じでしょうか。

16PersonalitiesのINFPに関してはここに書いてあります。はじめはこれについて書いていたんですが割とボヤっとしているので全部消して上記の感じになりました。
自分の言葉に置きかえるのはちゃんと理解していないのでさし控えますが、INFPについての説明を各所でみると、確かに…と思うところは非常にあります。

例えばINFPだと infp型の解説 – INFP型のブログ がなんかとてつもない量の記述を誇っていて、INFPとなった方は読んでみるとよいかもしれません。(もとのサイトが存在するようで、WebArchiveなどで調べてみたが謎のphpリンクに飛んでいてサルベージを諦めた)

私は自分自身のことについて自分から記述することが死ぬほど苦手なので、薄い内容ですが許してください。
色々書いてみようと努力はして(この程度の内容ですがもう記事を書くボタンを押してから4時間が経過している)みたんですが、書いては消して書いては消してをくり返しているのでどうにも難しいですね。
まぁそもそもお前のことはどうだっていいんださっさと死ねとお思いでしょうが、ここは私のブログなのでお許しください。
加えて、わたしはみなさん(誰やねん)の結果を見たいので、みんなもやってみてね。

じゃぁ!

UR22mkIIを買った

こんばんは。いつも通り睡眠はぐちゃぐちゃです。5時とかに寝て20時間後の1時とかに起きた気がします。

さて、steinberg UR22mkIIを買いました。
もともとUR22を持っているのですが、新しいのが欲しくなってきたのでなにか新しいオーディオI/Fを買おうかと思案していました。

DTM初心者のためのオーディオインターフェイス選び 2017 : 藤本健の“DTMステーション”
を紹介してくれた人がいたのでそれを見るところによると、まぁたくさん色々でていますが、だいたい同じようなものが横並びみたいなものです。
この中でどれを選ぶか、ってなってくると特にすることもない側からすればもうどれでもいいんですが、RolandのRubix22とヤマハのAG06がすごくきになりました。
(AG06は上の記事には書かれていませんでしたが…)
できるならAG06が欲しいんですが、デスクトップPCの天板の上に置いてその上(ほこりよけを被せて)にもものを置くという使い方なのでちょっとなぁと思ったので、また今度かな。
RolandのRubix22もいいんですが、同価格帯とはいえちょっと高い(むしろUR22mkIIが安すぎる)のでUR22mkIIを選びました。
っていうかAG06にミクモデルあればよかったのにナ…。
まぁそういうことで、いままで使っていたUR22くんは退役させようとは思います。
ずっと机の上に置いていたしキズとかもないので、普通にヤフオクとかに売ろうかなとは思います。
惜しむらくはCubase AIのコードを使ってしまっているところでしょうか…。使ってなければ高く売れたかもしれません。

今回買ったUR22mkII

Rubix22

AG06

AG03のミクモデル(AG06もこれでつくってくれ……)

じゃぁ!